2010年01月27日

言葉無き語りかけ

美しい細工が施されたグラスを二つご紹介したいと思います。








一つ目は、小さな小さなグラスです。
一つ一つ手作業で描かれた絵と硝子の中に
閉じ込められたその時代空気の粒は、
“美しい”という言葉で片付けてしまうのは、
何だかいけない気がしてきます。
グラスの中に飲みものを注いだ時、
もしかしたら、この空気の粒達が何かを語ってくれるかもしれません。











二つ目にご紹介したいグラスは、
一見普通のグラスに見えるのですが、
ずっと見つめていると段々その世界に吸い込まれていきそうな
不思議な魅力を持つグラスです。
このグラスを光の中に連れていくと“光”と“影”が楽しそうに戯れ始めたのです。
一つ目のグラス同様、
手作業で描かれたグラスの表面の絵が“光”と出会う事により息を吹き返してくる様です。
このグラスは、どんな言葉無き物語を語ってくれるのでしょうか。



こんなところで本日はこの辺までに。
それでは、また、素敵な硝子の世界をご紹介させて頂きたいと思います。


同じカテゴリー(コンチェルト館)の記事画像
音旅
春が来た!
春爛漫
雛祭り
春の息吹き
遅くなりました。
同じカテゴリー(コンチェルト館)の記事
 音旅 (2010-09-11 16:52)
 音旅 (2010-08-09 15:53)
 サントネージュ (2010-05-30 09:28)
 春が来た! (2010-04-30 10:14)
 春爛漫 (2010-04-10 13:21)
 雛祭り (2010-03-29 11:35)
Posted by 上山コンチェルト♪ at 11:52│Comments(0)コンチェルト館
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。